CEFECオンライン会議に参加!

3月19日ドイツ時間14:00(日本時間22:00)からCEFECのオンライン会議が開催されました。CEFECはヨーロッパソーシャルファーム連合のことで、精神障害者の就労を支援している各国の企業や団体で形成されているNGOです。EU参加国が大半でEUからの援助も行われています。ベルーフはサポートメンバーとして承認を得、参加しています。毎年国際会議を開催し、障害者就労のテーマでシンポジュームとセミナーが行われています。。2020年3月ドイツのドルトムントで開催予定でしたが、コロナウィルスの影響で集まっての会議は中止され、オンライン会議に切り替えての開催です。ヨーロッパの国々と日本からの参加で実施されました。時差はありますが、運営には格段の影響は無くテーマ発表と質疑応答が行われています。イタリア、スイス、ベルギーなどの活動発表があり興味深い内容でした。特にイタリアはタンザニアでの障害者就労支援活動報告で、キリマンジェロの麓で行われている活動内容のインパクトは大きいものでした。オンラインでは時間的物量的負担が大幅に減少されますので、内容的な密度は薄まりますが、会議実施の目的はある程度達成されています。テレワークならぬテレカンファレンス(ベルーフの造語)誕生です。とても新鮮な経験と成りました。パンデミックから生み出されたものですが、新たなコミュニケーションの方法の実験と成っています。これによってインターナショナルな情報のやり取りが直接コミュニケーションで行えるのです。日本とヨーロッパという距離的な壁を取っ払い、いつでも相互に話し合える手段を手に入れたのです。ということで、今年のCEFEC会議は瓢箪から駒で予想外の成果を作り上げた会議でした。 播磨守

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。