キャリアチェンジのためのベルーフ利用

これまでの仕事から新たな仕事にキャリアチェンジしたい、という目的で就労移行の利用を選ぶという方が増えています。チェンジの方向は専門職でIT技術の分野を目指し、そのためにベルーフを選択しています。一般的な仕事で求められるレベルのPC業務能力を学べる所はあるが、専門技能レベルとなると限られるようです。システムエンジニア、プログラマー、Webデザイナー、PCシステムのメンテナンス、データーサイエンティストなどが目指す職種です。ベルーフではそのためのカリキュラムとして、ITリテラシー、C言語、JAVA、ネットワーク、Webデザイン、統計、Python、等があります。いづれのカリキュラムも担当インストラクターがカリキュラムとテキストをオリジナルで作っています。市販のテキストは使っていません。テキストによる講義と演習問題への取り組みでマスターを図っています。未経験の方でも、IT業務に就くための基礎技術がマスターできている、というのがゴールです。国家資格のITパスポートの取得はひとつの目安になります。ベルーフが専門技能教育に重点を置いているのは、ドイツの障害者就労支援に学んだものです。安定して長く働くための条件として、専門職業務の教育と支援システムが確立されています。統合プロジェクト政策と名付けられています。その専門職を意味するドイツ語がベルーフBerufです。これまでの実績では20代から50代まで幅広い年代でキャリアチェンジを実現しています。ベルーフで新たな自分を創ってみませんか。播磨守

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です