定着支援integraの役割は

 ベルーフintegraは2018年8月設立の就労定着支援事業所です。integraインテグラはIntegrationから命名したもので統合という意味です。統合とは、障害者と非障害者が同等に働くことを目指しています。2016年の厚労省の調査データでは、精神障害者の就労後の継続は51%です。約半数が1年以内に離職しています。離職を防ぎ継続を図るための役割を担っているのがintegraです。契約後に定期的な支援を行い就労の継続を図ります。integraの活動で重要なのは、会社と組んで支援を行うことです。精神障害者の雇用については、ほとんどの会社は経験が無いところが多く、社内支援をどう行うかについては未知のところが多いのが実情です。そこで善意で取組んでいるのですが、判断が違いうまくいかないという実態が生じています。仕事上は余り無理をさせないとの判断で、負担の少ない業務を担当させるというのはよくある判断です。しかしこれは当事者の仕事への取組み意欲を削ぎ、継続を阻害する要因に成ります。業務内容が働くと言う点で適切かどうか、人事及び上司を交えて支援をすることが継続に繋がります。ベルーフの就労者の継続率は現在81%です。本人と会社とintegraの三者スクラムで取組んでいる成果です。 播磨守

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です